image


Drafts 4でWebサービスを使いたい時は、別のブラウザアプリのURLスキームを使ってオープンしなくてはならない。
Textwellだと内蔵ブラウザで完結する。そこで、Draft 4とTextwellを連携させた。

textwell:///replace?text=[[draft]]
T( 'urlScheme', {
  url: 'x-drafts4://x-callback-url/create?text=' + encodeURIComponent( T.whole ),
  option: 'clearAll'
} );

サクサクっと2つのアプリを行き来できるので心地よい。

Drafts 4 - Quickly Capture Notes, Share Anywhere! 4.2.1
分類: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
価格: ¥1,200 (2015.5.13現在)

Textwell 1.3.7
分類: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥360 (2015.5.13現在)